子育てに疲れたとき【おうちボードゲーム会を始めるメリット】

目次

子育て中のママ・パパの疲れ


「毎日の育児や家事、仕事に追われて、ものすごく大変。疲れた…。」

「子どもに付き合いきれない…。でもyoutubeやテレビゲームばかりやらせるのはなんか罪悪感があるな…。」

 

「子どもとの過ごし方で、何かいい方法はないのかな」

 

こういった疑問に答えます。

 

本記事のテーマ

 

おうちボードゲーム会を始めることで、子どもと過ごす時間が劇的に変わります。

 

※本記事は、3歳くらい~15歳くらいの子どもを対象にしています。ただし、これから3歳になるお子さんや、15歳以上のお子さんをお持ちの方も、「家族で楽しむ」をコンセプトにした記事なのでご参考になるかと思います。

 

おうちボードゲーム会の始め方

  • ①おうちボードゲーム会の価値を理解する。
  • ②子どもの成長度合いを知る:何ができるのかな?
  • ③子どもの好みを知る:何に興味があるのかな?
  • ④ボードゲームを見つける:子どもの成長や興味に合ったボードゲームを探す。
  • ⑤家族に、おうちボードゲーム会をする、と宣言する
  • ⑥思いっきり楽しむ

 

記事の信頼性

 

この記事を書いている私は、10年ほど前からボードゲームの地域サークルを開催し、3歳~15歳の子ども達と100回以上遊んできました。

また自分の子どもがもうすぐ3歳なので、試行錯誤しながらおうちボードゲーム会をリアルタイムで実践しています。

 

前置きとして

 

本記事は、「子育て中のママパパで、ボードゲームといえば人生ゲームかオセロかトランプ」という方向けに書いています。

 

この記事を読むことで、子育ての中でのボードゲームの可能性が分かり、おうちボードゲーム会の始め方と最初のボードゲームの見つけ方までが分かるようになります。

 

ボードゲームを前にした子ども達は、目をキラキラ輝かせながら遊びだします。

時には負けて大泣きしたり、時には大笑いしたりしながら、家族で楽しい時間を過ごせる最高のツールです。ボードゲームに出会ったことで、私の人生は大きく変わりました。

ボードゲームに感謝を込めて、記事を書いています。

 

では早速始めましょう!

 

おうちボードゲーム会の価値を理解する

 

一言でいうと、「みんなが楽しい」です。

 

  • 子どもにとってのボードゲーム

 

まず、子どもにとってのボードゲームは「最高のおもちゃ」です。キラキラした宝石、木でできた車のコマ、カラフルなイラストのカード…。それを、ママやパパと一緒に遊べるなんて、楽しくないわけありません。

あと、子どもは勝ち負けがあることが大好きです。ボードゲームの多くは勝敗がつきますので、「勝利」という明確な目標に向かうことで夢中になれるんですね。

 

  • 親にとってのボードゲーム

 

次に親にとって、ボードゲームは2つの側面があります。

 

  1. 子どもの成長を見守れる「知育玩具
  2. 親も夢中になって遊べる「家庭内エンターテイメント

子どもの成長を見守れる「知育玩具

知育玩具の方はわかりやすいと思います。デジタルゲームやyoutubeはなんか罪悪感があるけれど、ボードゲームはなんだか教育によさそう、と思いますよね。

 

これはボードゲームでよく使う「コミュニケーション能力」などが、子どもの知能の発達に効果がありそうだと、感覚的に理解できるからなんだと思います。

 

「おうちボードゲーム会」の最大の価値とは話題が逸れますが、別の記事で子どもの成長にどのような効果があるか、を私なりにまとめておりますので、ぜひご一読ください。

【MI理論】ボードゲームで子供の才能を見つけ、得意なことを伸ばす【効果あり】

 

親も夢中になって遊べる「家庭内エンターテイメント

家庭内エンターテイメントの方は、あまりピンとこないかもしれません。結局、子どもと一緒に遊んであげるのか…、とお考えのママパパ、ちょっと待ってください。

 

びっくりするかもしれませんが、ボードゲームは親も夢中になります。

 

私がボードゲーム大好きだから、そう言っていると思われるかもしれませんが、違います。

  • 地域ボードゲーム会に「子どもを遊ばせに来た」ママパパが、結局自分が夢中になって遊んでいる姿を何人も見てきた
  • ボードゲームを全く知らない会社の人に、おすすめのボードゲームをお伝えしたら「家族みんなで夢中になって遊べた」と何度も反響があった

 

このような実績を経て、お伝えしたいことなんです。

 

子どもの頃、夢中になってトランプで遊んだ記憶はありませんか?

あの体験が、今も家族みんなで出来るんです。

 

特に最近は、ドイツやフランスを中心に新しいボードゲームがたくさん開発され、大人も子どもも楽しめるゲームが無数にあります。

 

みんなが楽しい」ボードゲームの価値を、存分に味わってみてください。

②子どもの成長度合いを知る:何ができるかな

 

ボードゲームの価値が分かったら、次は始め方です。

どのボードゲームを買えばいいかな…と考えるのは、まだちょっと早いです。

 

まずは、お子さんの発達段階をよく観察してみてください。

 

  • 言葉で大体のコミュニケーションはできるようになりましたか?
  • 自分のしたことが、相手にどう受け取られるか分かっていそうですか?
  • ちょっとした計画を立てて、その通り実行できますか?
  • 起こったことを理解し、臨機応変に対応できますか?

 

ボードゲームを選ぶときに最も重要なのは、そのゲームが「子どもの発達段階」に合っているのか、ということなんです。

 

簡単すぎても、難しすぎても、子どもにとっては面白くありません。

 

子どもが面白くない、と感じると、一緒に遊ぶ親も夢中になれません。

 

お子さんの発達段階を見極めることが重要です。

 

もちろん、ママパパは児童発達学のプロではありませんので、難しい場合は年齢が目安となります。

ただ、子ども達は本当に発達状況が様々ですので、できるだけ個別に見てあげたいところです。

詳しい見極め方は、専門家の方がまとめている本がありますので、参考にしてみるといいと思います。

③子どもの好みを知る:何に興味があるのかな

 

まだ、ゲーム選びに進んではいけません。あとちょっとです。

 

ボードゲームには「テーマ」があります。

 

「鉄道」とか「ケーキの切り分け」とか「世界の生き物」とか。

子どもの興味がないテーマのボードゲームを買ってしまっては、最初の一歩でつまずいてしまうのです。

 

お子さんは、普段よく何をして遊んでいますか?

 

  • 生き物の図鑑をよく見ている
  • おままごとが大好き
  • 積み木や電車のおもちゃでずっと遊ぶ
  • 落書き帳が何冊あっても足りない
  • お人形の着せ替えが好き

 

沢山ある遊びの中で、子どもが何が好きか、はママパパはよくわかっていると思います。

 

ここで大事なことは「何に興味がないか」もしっかり見極めることです。

 

あとで興味が出てくることもたくさんあると思いますが、今興味がないことには、とことん興味がないのが子どもだと思います。

 

最初のゲーム選びでは、子ども興味の「はずれ」を選ばぬよう気をつけましょう。

 

ただし!「おうちボードゲーム会」に慣れてきたら、あえて今興味がないテーマに手を出すことが重要です。

興味の幅を広げていくためです。

 

最初は、子どもに合わせて。あとから、広げる。でいきましょう。

④ボードゲームを見つける:子どもの成長や興味に合ったボードゲームを探す。

 

やっと、ボードゲーム選びの時間です。

ここまで丁寧にすれば、子どもが大喜びし、大人も夢中になれるボードゲームに出会えること間違い無しです。
ボードゲームを選ぶときは、このブログのおすすめゲームから探しても良いですし、ネットや本で探してみるのが良いかと思います。
最もおすすめするボードゲームカタログは、すごろく屋さんというボードゲーム専門店の店主さんが監修した本です。

また、メディアのおすすめ記事も書きましたので、是非参考にしてください。

きっと、ピッタリのボードゲームが見つかるはずです。

 

⑤家族に「おうちボードゲーム会」をすると宣言する

 

ボードゲームを買っただけで、「おうちボードゲーム会」は始まりません。

 

あと2つ、準備する必要があるんです。

 

  1. 家族の気持ちを高める
  2. やる時間を決める

 

家族の気持ちを高める

 

まず、気持ちを高めるほうですが、なぜやるかというと「おうちボードゲーム会」までの期間もわくわくできるからです。

某有名テーマパークに行くときも、突然決めて突然行く人は少ないと思います。

行くと決めて、行く日を決める。そして、当日までの期間、ワクワクして待つ。

 

そんな感覚を、「おうちボードゲーム会」に取り入れてみてください。

 

これをやるのとやらないのとでは、子どもの反応がかなり変わると思いますよ。

 

また、これにはテクニックがあります。

 

これを読んでいる人がママの場合、特に何も意識せず、パパや子どもに「面白いことしようよ」と誘ってください。ママの提案は、きっとみんな喜んでノって来てくれることでしょう。

 

これを読んでいる人がパパの場合、ママへのプレゼンテーションが必要です。

 

失礼な言い方かもしれませんが…、一般論として、パパが主導する家庭内イベントの打率は、ママより低いと思います。これは、どうしても男性より女性のほうが「相手の身になって考える能力」が高いからだと思います。

 

パパにとって最良の提案であったとしても、家族にとって最良かどうかをママに相談してみましょう。

その相談をした後、子どもへの提案は、パパからでもママからでも良いと思います。

 

やる時間を決める

 

これを決めることで本当にやる確率が上がります。

 

参加する人がその時間に向けて、予定を調整するからです。

 

みんなが集まっているとき、暇だったらやる、というスタンスだとなかなか開催されないんですね。

おうちボードゲーム会の最大のコツかもしれませんので、ぜひ実践してみてください。

やるタイミングについては、記事にまとめておりますのでご参考いただければと思います。

 

ボードゲームをやる時間がない?【夜寝る前がおすすめな理由。】

⑥思いっきり楽しむ

 

さあ、いよいよ本番です。

思いっきり楽しむ、それに尽きます。

楽しむコツは2つあります。

 

  1. ルールを間違えていたとしても、笑って受け入れる
  2. できるだけ、最後までやり通す

 

ルールを間違えていたとしても、笑って受け入れる

ボードゲームにはそれぞれルールがあります。誰かが説明書を読んで、みんながそれを聞いてからスタートするんですが、

 

最初の説明を間違えてしまう、ということがどうしても起こってしまいます。

 

ゲーム中に気づく時もあれば、終わって点数を数えているときに気づく時もあります。

ゲームを始める前に、そういうアクシデントは、起こるものだ、として説明しておくといいかもしれません。

もし本当に間違えてしまっても、みんなで笑い飛ばしてしまいましょう。

 

できるだけ、最後までやり通す

 

これ、簡単そうに見えて結構難しいんです

 

特に起こりがちなのが、子どもが負け濃厚になってしまう状況の時。こどもの「もうやめたい」という声が聞こえてきそうです。

 

勝ち、という結果を目指している子どもの気持ちを尊重しつつ、

現状できる範囲での最善を尽くし、プロセスを楽しむほうに誘導してあげると良いと思います。

 

ただ、どうしてもやめたいと言う、または盤面をひっくり返してしまったら、そこで終わりにしたほうが良いでしょう。

叱りつけて続けさせることに意味はありません。

逆に、このタイミングが、子どもの成長の最大のチャンスです。

 

少し時間をおいて、次は最後までできたらいいね、とフォローをしてあげると、子どもの成長につながるんじゃないかなと考えています。

まとめ:おうちボードゲーム会のメリット

 

いかがでしたでしょうか。

 

新しいことを始めることは、ちょっと面倒くさいことだと思います。

ただ、子どもも親も夢中になれるボードゲームを使って、豊かなおうち時間を過ごすことって、実はメリットだらけです。

 

 

こどもは楽しい。親も楽しい。そして、思い出に残る。

「おうちボードゲーム会」を開催するご家庭が少しでも増えることを願っています。

【簡単】家族でボードゲームを始めるコツ【準備が大事】

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる