【ボードゲーム紹介】ナンジャモンジャ【ルールは簡単!】

この子の名前なんだっけ??

ヘンテコな生き物に、名前をつけては忘れて思い出す。記憶&面白名付けゲーム。

 

目次

【説明】

カードには、ヘンテコな生き物「ナンジャモンジャ族」が描かれています。

そんなナンジャモンジャカードを1枚山札からめくり、初めて出たカードだった場合はめくった人は「名前」を付けます(例:もじゃもじゃバナナ)。

 

どんな名前をつけてもかまいません。

 

以降、このゲーム中はそのカードは名付けられた名前となります。

めくったカードが、すでに名前がある場合は、いち早く、

 

その名前を叫びます!

 

最初にその名前を叫べた人が、そのカードを獲得します。

山札を全部めくり終わって、ゲームが終了。

一番カードを多く持っていた人が勝ちです。

 

【楽しみ方】

ヘンテコ生物「ナンジャモンジャ」が可愛くも個性的で、変な名前をつけるだけでも楽しいです。

ナンジャモンジャ族は12種類(※基本パッケージ)もいるので、名前がなかなか覚えられない!

自分が得意な分野(例えば駅名とか、料理名とか)で名付けて、有利に思い出そうとしても、

意外とほかの人の記憶に残ってしまい、先に名前を呼ばれちゃったり。

一回ゲームが終わった後に、もう一回やると、前回の記憶が残っていたりしてもうハチャメチャ!

 

とにかく笑える、楽しいゲームです。

 

シロとミドリの2バージョンが売っています。

合わせて遊ぶことも可能です。

 

【シチュエーション】

 

子ども(4歳以上)と大人が混ざって遊んでOK。子どもだけでも、大人だけでも楽しめます。

 

【想定時間】15分
【人数】2~6
【リモート】可能
【原産国】ロシア

こんな人にオススメ!

 

まずはおうちボードゲーム会を始めてみたい人にうってつけです。

【簡単】家族でボードゲームを始めるコツ【準備が大事】

 

ルールの説明は20秒くらいでできちゃいます。

4~5歳くらいから、子どもだけでも遊べます。

私の参加していた地域サークルでは、4歳~10歳くらいの子供が1時間くらいずっとやり続けていました…。子どもの集中力ってすごい。

 

お悩みポイント

シロとミドリ、2種類が売られています。

どっちを買ったらいいの?と迷われるかもしれませんが、答えはどちらでも構いません。

ルールは同じで、カードの絵柄が違うだけです。

箱の絵のナンジャモンジャ族を見て、気に入ったほうをどうぞ♪

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる