【親子ボードゲームにオススメ】ザ・マインド(the Mind)の魅力【協力ゲーム】

心のタイミングを合わせて、小さな数字から順番に出そう。
相談禁止、ジェスチャーも禁止、「間」を読みきる不思議な協力ゲーム。


【想定時間】15分
【人数】2~4
※このゲームは「協力」ゲームです。全員が勝つか、全員が負けるか。
目次

簡単ルール説明

 

最初のゲームは、カードが1枚ずつ配られます。

カードには1~100までの数字が一つ、書いてあります。

同じ数字のカードはありません。

配られた人がこっそり数字を確認して、ゲームスタート!

手札を出す順番にルールはありません。

ただし!小さい順から出さなければなりません。

相談をしてはいけません。

もし、出されたカードよりも小さい数字を持っていた人がいた場合…

 

その時点でアウト!

全員のチャレンジは失敗します。

 

全員のカードが、小さい順に出し切れた時、大成功!

 

レベルアップです。

次は2枚のカードでチャレンジします。

このように、成功してはカードを1枚ずつ追加し、何枚まで成功できるかにチャレンジするのです!

楽しみ方

協力ゲーム、ということで、全員が一丸となる必要があります。

なのに、場にカードをいつ出すか、判断する情報はみんなの「間」だけ。

小さい数字を持っている人は早く出したいけれど、もし自分より小さい数字の人がいたら失敗になってしまう…という不安と戦います。

逆に大きい数字を持っている人は、いかに我慢して待てるか、という勝負となります。

「集中!」と誰かが言ったら一旦ゲームを中断し、全員が手を差し出したタイミングで再開するという独特のルールもあります。

お相撲の「待った」みたいですね笑

 

適切なタイミングでカードを出せるか。みんなの勇気と我慢が試されます。

全員がカードを出し切った時の達成感、連帯感、爽快感は素晴らしいものがあり、簡単にできる協力ゲームの傑作と言われています。

 

シチュエーション

 

ルールが分かりやすいので、おうちボードゲーム会の最初にやるのがおすすめ。

あとは、他のゲームと全く違う空気感になるので、長いゲームとゲームの合間にやるのが面白いです。

時間がないときでも、ササっとできてしまう手軽さは、重宝します。

公式は8歳からですが、私の経験上5歳くらいからでも可能です(ルールは理解できます)。

 

気持ちを我慢することの練習にもなる

ただし、子どもが小さければ小さいほど、カードを出したい欲求が抑えられず、我慢ができません。

それを見越して、大人たちが早く出してあげる工夫が必要です。

全員のカードを出し切ることができたら、お互い褒め合いましょう。

特に、最も年下の子どもからほめたたえてあげましょう。

彼らが一番の功労者です(笑)

こんな人にオススメ!

おうちボードゲーム会を始めてみたい方
(一番最初のゲームとしても良いです!)
おうちボードゲーム会の始め方はこちら。
【簡単】家族でボードゲームを始めるコツ【準備が大事】
普段と違う空気感を楽しみたい方
いつも勝ち負けにこだわる兄弟姉妹がいる家庭に。
(協力するゲームなので、全員勝ちか、全員負けのどちらかなんです。)

お悩みポイント

見た目が地味…

その通りですね。私も正直、地味だなあ、と思いました(笑)

暗めの色使いなので、ちょっと怖い印象すら受けます。

でも、そんなことが全く気にならなくなるくらい、ゲーム自体が面白いです。

ある意味、ボードゲームの「みんなが楽しめる価値」を最大限に表現しているゲームかもしれません。

是非、手に取ってみてください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる